ブログ

【知人ゼロ】名古屋で起業をして1カ月が経ったITベンチャー企業のリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋 起業

BETA株式会社の代表をしている長沼です。ベンチャー企業というよりも、零細企業です。

『名古屋 起業』で検索した時に知りたい情報がなかったこと、また、まったく知らない土地で知名度がない会社ですので、PRもかねて記事を執筆しています。

まず、私自身の簡単なプロフィールですが、現在29歳で出産を機に2019年3月末で都内のベンチャー企業を退職し、妻の実家がある名古屋に移住してきました。私は出身が神奈川県、大学も大阪ですので全く知人がいない中で来ています。

※興味がある方はwantedlyをご覧いただけますと幸いです。

https://www.wantedly.com/users/2009528

しばらくは子育てでもしながら、貯金を切り崩しつつ生活していこうと考えていましたが、いろいろなご縁もあり、4月末、ちょうど子供が東京で生まれた日に名古屋で登記しました。

率直に言うと、一番私が困ったのは(身も蓋もありませんが)『手続きと思った以上の出費』でした。(笑)

お役に立てるかはわかりませんが、興味がある方は是非参考にしていただければと思います。

この記事のまとめ

  • 名古屋で知り合いゼロでも、30万円くらいあれば2週間くらいで誰でも起業はできます。
  • もっとも苦労したのは、面倒な手続きと想定外の出費でした。
  • 名古屋は派手なスタートアップ文化はないものの、表に出ずに活躍されている方は意外と多いと思います。
  • 僭越ながら、BETA株式会社は優秀な人材を常に募集しています。

名古屋で”とりあえず”起業をするまで

起業というと、清水から飛び降りるような感覚を持っている方も少なくないと思います。

私の場合は起業というよりも、会社を辞めて『名古屋に移住する』という決断したわけなので、厳密にいうと起業するドキドキ感は味わえずじまいだったのが今となっては悔やまれます。

とはいえ、「少し落ち着いたら会社をやってみたいな」と思っていたので、それが6カ月~1年くらい早まったという感じです。

都内でいろいろな方と話をするうちに、「とりあえず早く起業しておこう」と思って起業を決めました。

※その時は親子丼のチェーン店をやろうと思っているなどと話をしていました。

また、ご縁があり、ちょっとお手伝いをしていたメディアを、お金はかかりましたが個人の方から譲受することも決まり、それを事業としていくこととしました。

みんなのパーソナルトレーニング』というパーソナルジムを紹介するサイトです。現在は成果報酬型のアフィリエイト広告がメインですが、今後サービス化をしていく予定です。

起業の目的について

私はもともと、前職でマーケティングの仕事をする中で、外注さんを含めて40名規模の組織を創った経験がとても面白かったので、『すばらしい、では足りない』会社を作りたいと思って起業しました。

※『すばらしい、では足りない』は『Google が掲げる 10 の事実』から引用

良い会社を作りたいと思ったのは、ビジョナリーカンパニー2という本の影響を色濃く受けています。

個人的に目指したい理想的な会社は、ユニクロを展開するファーストリテイリングや、名古屋ではエイチームのような一見派手さはないけれど、中長期でキラリと光る強い組織がある会社です。

名古屋で起業して率直に思ったこと

前置きが長くなりましたが、知り合いゼロの状況で名古屋で起業してみて、率直に思ったことを書いていきたいと思います。

  • ベンチャー企業にとっては意外とチャンスな環境

起業して1カ月程度で正直何もわかっていませんが、名古屋の環境に身を置いてみて、ベンチャーにとってはかなりチャンスな環境かもしれないと思っています。

その理由は、以下の記事が代表するように、少しずつ起業文化が動き始めていると思ったからです。

優秀な法人、個人の方々が、スタートアップ支援に乗り出していて、できたばかりの今ならかなり手厚いサポートを受けられる可能性が高いですし、(東京都比較して申し訳ないですが)激戦の東京と比べてライバルが少ないように思います。

また、スタートアップとは関係ないですが、この記事では取り上げませんが、SNSやメディアなどをよくよく調べてみると、名古屋の会社だったということも多く、目立ってはいないものの、優良企業が多い地域だという印象を持っています。

起業の手続きについて

かなり地味ですが、起業は手続きが結構大変です。少なくとも私は苦手でした。

東京にいながらの起業だったので、オフィスを借りることが出来ず、また、賃貸物件だったので、月5,000円程度のバーチャルオフィスを借りました。

友人から勧められた『会社設立freee』(※宣伝ではありません)は本当に便利でした。

※出費の合計は30万円程度+自宅の机、椅子、PCなど備品、顧問税理士への支払いなどなど、初月は合計40-50万円以上で、意外とかかりました。

会社設立は、会社設立freeeに書かれている通りに行えば、ほぼ完ぺきに出来るでしょう。

私は東京にいながら名古屋で登記したので、計2往復しましたが、名古屋在住であればサクッと起業できると思います。

個人的な感想ですが、名古屋の法務局の方や、公証役場の方はかなり感じが良かったです。新幹線で日帰りだったのでいろいろ不安はありましたが、滞りなく仕事をしていただけた上、「若いのに偉い!頑張ってくださいね!」という言葉が励みになりました。

税理士は、大学時代の大阪の友人に格安で依頼しました。これは本当に助かりました。

・・・と、ここまで誰の役に立つかもわからないような記事になってしまいましたが、リアルに書くと、このような感じで、たんたんと激動もなく来てしまったという感じです。

現在の業務について

起業手続きは結構大変ですが、それにつきっきりだった時間は移動も含めて合計で10時間くらいかな?と思います。

そんな中で、一番注力したのはメディア事業のテコ入れです。

メディア事業を譲受したため、子供が生まれ、名古屋に引っ越すまでの間は採用などもできなかったため、まずはコンテンツを追加したり、修正していくことを、知人にサポートをお願いしながら行っていきました

また、設計を行ったうえで新規メディアを2つ立ち上げ、コンテンツを投入しています。

初月は出費もかさみましたが、パーソナルジムの繁忙期と重なり、おかげさまで黒字スタートとなりました。

子供が生まれて名古屋に来てから、ようやく名古屋での活動が出来るようになってきたので、『ミッドランドインキュベーターズ』などの施設にお邪魔し、採用を含めた事業拡大をしていこうというのが今の状況です。

起業したばかりの現在考えていること

これは、私自身の振り返り用のメモにあたるかもしれませんが、今しか書けないことなので、あえて書き残しておきたいと考えています。

  • 採用では絶対に妥協しない
  • 必ず利益が出るように事業を行う(流行りものを追わない)

私が創業したBETAは、私にとってはまだ文字通りβ版の会社で、これからどんどん改善していかなければいけないものですが、このβ版の会社は中長期でしっかりと成長し、『すばらしい、では足りない』会社になるための実験なので、上記2つをしっかり守ってビジネスを展開していきたいと考えています。

会社を作るにあたって、参考にさせていただき、役に立った書籍はこちらです。

※アフィリエイトリンクは貼っていません。

これらの本はビジョナリーカンパニー2を除いてかなり具体的に参考になるので、良ければ、読んでみてください。

さいごに

BETAという会社は、起業したばかりで、広報や執筆などは少し知人に手伝ってもらっていますが、ほぼ代表一人の会社です。

自社のメディアで少ないながらも、それなりに収益基盤は出来つつあるため、幅広く人材を募集させていただいています。

「将来的に起業したい」「起業のリアルをさらに本音で聞きたい」「メディアについて話を聞きたい」「とりあえず話をしよう」「メディア運営について話をしたい」などなど、お気軽にご連絡いただいたり、気軽にお茶でもしながらお話をさせていただいて、もしご縁があれば、一緒に働いていただいていただけると幸いです。

パーッと思ったことを書いたので、あとで見直して、追記したりするかもしれませんが、東京から名古屋に来て1カ月が経ち、とりあえず今思っていることを書いてみようと思い、(今となっては自分のために)記事を書きました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

ご連絡もお待ちしています。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ピンバック: 創業1期目の振り返り

コメントを残す

*