名古屋で一番成長できる有給・長期インターンシップ【2019年】

BETA 長期インターン

名古屋の有給・長期インターン募集!

BETAでは現在、ベンチャー起業でビジネススキルを身につけたい愛知県在住のインターン生の採用活動を積極的に行っています。

2019年は30名以上の応募がありました。

メディア運営を中心として企画・分析・マネジメント・採用・新規メディア立ち上げなどに携わっていただきます

依頼する業務は多岐にわたりますが、「将来的に起業したい」「メディア事業に興味がある」という学生にとって、魅力的な機会を提供できる自信があります。

<長期インターン2019のテーマ>

※面接時にお話する資料より抜粋しています。

beta intern 1

名古屋で1番学生インターンシップに力を入れる理由

beta intern 画像 (2)

当社は名古屋で1番学生が活躍するインターンシップ組織を目指しています。

なぜ学生インターンシップに力を入れているのか、当社でインターンをすることでどのような経験を積むことができるのか、代表の長沼が紹介していきます。

当社が学生インターンシップに力を入れる理由は3つあります。

  1. メディアの領域が学生に馴染み深い
  2. ロジカルで柔軟な頭脳が不可欠
  3. 優秀な学生に対してコミットできる機会を提供できる

上2つの理由はきれいごと抜きで、当社が必要としているからです。

当社はメディア事業を営んでいるため、ユーザーの抱えているニーズを定性的・定量的に分析する必要があります。

ロジカルであることはもちろん、ユーザーの合理的ではない感情やニーズをくみ取る上で、柔軟な頭脳を持つ優秀な学生と一緒に働きたいと考えています。

最後の1つは、優秀な学生に対して優秀な仲間たちと、『これまでに経験したことないほど熱中できるビジネス環境』を提供できる自信があるからです。

※ブラックとか、そういう意味ではありません。

メディア事業は、ただコンテンツを作るだけではなく、ユーザーへのヒアリングやインタビュー、クライアントへの提案営業などを行う必要があります。

業務を遂行する上で人を採用するなど、すべての業務を主体的に行っていただきたいと考えています。

しっかりと、納得感のある時給をお支払いいたしますから、存分に力を発揮してください。

<長期インターン2019の時給体系>

※面接時にお話する資料より抜粋しています。

beta intern 2

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

名古屋で一番成長できる有給の長期インターンシップ|メディアベンチャーのBETAに行くべき理由

インターンシップで特に注意をしていること

私は前職のマーケティングチーム(BtoBのメディア事業)でインターンシップ0人というところから学生10名以上を採用し、強固なインターンシップ組織を作った経験があります。

その中で、以下の点に注意していました。

  • 『自分がしたいと思う仕事』にのめりこんでもらうこと
  • 採用に関わってもらうこと

「成長したい」という学生は多いですが、仕事にのめりこむ経験ほど『成長』を後押しする経験はないと考えています。

また、採用面接に入ってもらい『採用する、不採用にする』ということもお願いしていました。

現に、入社してもらったインターン生も入ってすぐ、2営業日で3名以上の面接に携わってもらいました。

この経験によって、『どのように人を見ればいいのか』という視点を養ってもらうだけでなく、強いチームの形成に役立ちました。

以上の2つは、当社の特徴として取り組んでいきます。

学生インターンシップで経験できること

名古屋 長期インターン 3 (1)

学生生活で、優先順位がつけられずに『ダラダラ』と時間が過ぎていく経験をしたことはありませんか?

  • もっと何かに打ち込めばよかった
  • 飲み会ばかりで、身になることは何もしていない…
  • 勉強に面白さを感じない…

就職活動をする段階で、ネタがなくて困る人も少なくないでしょう。

当社が学生インターンシップでお願いしたいことはたくさんあります。

いろいろ経験をしてみて、『合う・合わない』を判断してもらって、どれかにのめりこんでもらえればと思います。

  • マーケティング(メディア事業)
  • 広告主への提案営業(東京への出張も)
  • 採用、広報
  • 事業のグロース

私は大阪の大学出身で、学生になった10年前にはインターンシップと呼べるようなものはありませんでした。

手前みそではありますが、今、学生として当社が提供する機会があれば私自身「やってみたかった」と思うことばかりです。

もちろん、裁量が大きいときは責任も大きいです。売上すら背負って頑張っていただきたいと思っています。

一緒に名古屋で一番のインターンシップ組織を創っていきましょう。

事業は自社メディアのみの運営で、すでに黒字化を果たしているため、受託業務などでおこりがちな『ブラックな残業』などはないのでご安心ください。

<長期インターン2019の1期生として>

※面接時にお話する資料より抜粋しています。

代表の長沼が都内の大手企業、ベンチャー企業にて働いていた経験から、就職活動のお手伝いや、都内のインターン生との交流なども積極的に行います。

代表・長沼の経歴

大阪大学在学中は光回線を始めとした通信関連の新規営業、管理業務に4年間従事し、大学卒業後は兆単位のグローバルM&Aに憧れ、JTに入社。

JTでは、たばこ自動販売機を製造・販売する事業部にて財務経理(決算や原価管理、与信管理等)、事業撤退に伴う人事系業務以外を担当。その後、日経新聞や経済系メディア向けの広報を担当。

2017年7月より、ユニラボに入社し、コンシェルジュなどを経験してマーケティング部にてSEO業務に従事。アルバイト2名の組織を1年で40名ほどの組織まで成長(社内20名)。

子育てのため名古屋に移住することになり、2019年3月退職、4月起業。

 

名古屋で一番インターン生が成長できる会社を目指しています。

「まずは話だけでも聞いてみたい」

「一から組織づくりに携わりたい」

という方は、積極的に応募してください。

応募はこちらから